プレミアムブラントゥースには歯を白くするためにいくつもの成分が使われていますよね。

 

パパイン酵素、ココナッツオイルなどなど。

 

 

これらの成分のなかで私が思うに、ホワイトニングにおいてもっとも重要な成分となるのは、パパイン酵素ではないかと思います。

 

プレミアムブラントゥースのホワイトニングのメカニズムとしては、まずはパパイン酵素の作用で歯についている黄ばみを分解していきます。

 

言ってみればホワイトニングの一番最初の工程ですね。

 

 

これがないと歯のホワイトニングは始まりません。反対に考えれば、この黄ばみの分解さえうまくいけば、あとの事はプレミアムブラントゥースでなくてともなんとかなる、と言っても良い程です。

 

となると、このパパイン酵素の作用こそがプレミアムブラントゥースにとっては最も大事な成分と言えるんですが、実は他のホワイトニング系のジェルにも同じ成分は含まれているんですね。

 

 

でも、口コミなどの評判を見てみると、他のホワイトニングジェルよりもプレミアムブラントゥースの方が圧倒的に効果を実感している人は多い、この違いって何なのでしょうか?

 

 

それは、このパパイン酵素の量と質ですね。

 

 

量が多ければ、多い程たんぱく質である黄ばみを分解する作用は高くなります。逆に、少なければその作用は低くなります。

 

そして、質に関しては、同じ量のパパイン酵素であっても、その抽出方法などによっては不純物が混じったりするとやっぱり作用は低くなります。

 

つまり、プレミアムブラントゥースが他のホワイトニングジェルに比べても高い効果を実感できる秘密は、このパパイン酵素の量と質が他よりも高いからなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です